人工透析 岡山市東区の岡山西大寺病院へ |救急|整形外科|内科|脳神経外科|外科|リハビリテーション科|求人

 

看護部

 

看護部 挨拶

看護部 挨拶
 
看護部長 近藤末美
 どんなに忙しくても笑顔をたやさず楽しく働くことが私のモットーです。看護は人と関わる仕事です。さまざまな患者様の人生と関わる事で私達看護師も人として成長できています。ひとりひとりの患者様と深く関わり信頼される看護師でありたいと思います。そして安全で安心できる患者様満足の高い看護を目指しています。また、明るく風通しの良い環境づくりに努力し、いつも笑顔で元気に働ける職場でありたいと思います。私は看護の仕事が大好きです。その思いが見えるよう行動していきたいと思います。
 
医療療養型病棟師長 笠井喜代美
医療と介護の連携のため架け橋の役割を担います。

急性期治療の終了後、症状が安定しリハビリが必要な患者様をお受入れし、在宅・施設へ安心して帰れるように援助させていただきます。「信頼される病棟」になれるよう日々努力しています。
 
一般病棟師長 横山夏代
 患者様とその家族は急な環境の変化に大きな不安を抱えています。その不安が安心へと変わるよう確かな技術と真心のある看護を目指しています。また、スタッフのライフワークバランスを考え、2交代制・3交代制・夜勤専従・時短勤務等様々な勤務形態を導入しています。スタッフが満足して働ける職場環境こそが、患者様にとっても満足できる環境であると考えます。患者様・スタッフ共に安心できる環境作りを心がけています。
 

看護部の理念

看護部の理念
 
◆信頼できる看護
 やさしく、ていねいに、思いやりのある看護

◆信用される看護
 安全、安楽、安心できる看護

◆自信のある看護
 知識・判断・実践力を高める
 

ぬくもりのある心温かい看護の追求

ぬくもりのある心温かい看護の追求
 
看護体制、看護方式
【看護体制】

・ 一般病棟 10:1

・ 療養病棟 25:1

【看護体制】

・ プライマリーナーシング

※特定の患者様の看護ケアを入院から退院まで一人の受持看護師が継続責任を持つ「主治看護師制」です。また1対1の関係の中で、主体的看護判断で看護を継続する権限と実施・結果について責任を持つ、という看護方式のことです。

 

患者様への思いやり

患者様への思いやり
 
人間性豊かなナースを育てることが看護教育の大きな目的です。

信頼される看護活動は、信頼される人づくりから。看護教育を重視する岡山西大寺病院の 一貫した姿勢です。医療現場でのさまざまな実地研修のほか、ナース全員のカンファレンス や、学会・研修会への出席などを、積極的に奨励しています。

看護教育の目的は、単なる看護技術の修得にあるのではありません。患者様のよき相談相手 となり、医師のよきパートナーとして活躍できるナースを育てるため、博愛精神を大切にした 人間性豊かな人材育成をめざしています。

 
最新の医療技術と経験豊かなスタッフが看護活動をサポートします。

近年,医療の進歩はめざましいものがあります。その最先端技術のすべてを, 私たちの病院で経験し,修得してください。医療の仕事にゴールはありません。 常にベストの看護技術を求め続ける姿勢こそが,大きな喜びにつながってゆくのです。

もちろん,医療の進歩は,新しい機械の導入だけで達成されるものではありません。 岡山西大寺病院には,院長や看護師長をはじめ,経験豊かな医療スタッフがいます。 優しい先輩たちの指導が,看護技術を着実に高めてゆくことでしょう。

 

プライベートタイムとの調和

プライベートタイムとの調和
 
楽しく生きがいのある生活を応援します。

充実した職業生活を過ごすためには,より良い休息が必要です。緊張した医療活動と ゆとりのあるプライベートタイムが調和してこそ,初めて人間らしい生活が送れると考えて います。

岡山西大寺病院は,そのための援助を惜しみません。さまざまなレクリエーション活動を 通じて,楽しく生きがいのある生活を応援しています。

 
  岡山西大寺病院の歌
     「Chaser」
qrcode.png
http://www.saidaiji-hp.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
<<社会医療法人 盛全会 岡山西大寺病院>> 〒704-8194 岡山県岡山市東区金岡東町1丁目1-70 TEL:086-943-2211 FAX:086-943-2212