人工透析なら岡山市東区の岡山西大寺病院へ

 

人工透析

 

透析室ニュースリリース

透析室ニュースリリース
1
 
第59回日本透析医学会 演題発表
2014-06-15
第59回日本透析医学会にて、当院臨床工学技士の田野道興と有安祥訓が演題発表を行いました。
題名
「維持透析患者におけるABI測定機器と下肢動脈エコー併用の意義」(田野)
「低用量投与のダルベポエチンαからエポエチンκへの変更の有用性」(有安)
 
岡山医療センター 腎・移植外科医長の藤原拓造先生にご講義頂きました
2014-02-25
 血液浄化センターにて、岡山医療センター腎・移植外科医長の藤原拓造先生に『腎移植の実際』についてご講義をいただきました。聴講しやすい紳士的なお声で、生体腎移植ガイドラインの詳細なご説明のほか、統計的な情報が盛りだくさんのお話で大変勉強になりました。
~聴講したスタッフからのコメント~
・ABO血液型不適合での移植が3割もあることに驚きました。
・腎移植が遠いものではないように感じました。
・見学させて頂ける機会があったら、夜中でも駆けつけたいです。
・移植した腎臓がいつかは機能しなくなってしまうという可能性もあるのに、15年のような長い期間、登録を続けている患者さんがたくさんいることを知って、複雑な気持ちになりました。
・第一線で活躍しておられる先生から具体的な流れのお話を聞き、看護上の注意点が頭の中で、ばーっと広がりました。
・今回初めて移植の先生方の頑張りを知ったことと、腎移植を待っている患者様のことを考えると、僕たちは、血液透析の臨床現場で、今まで以上に良い透析を提供することを意識して頑張っていこうと思いました。
 
当院管理栄養士の近藤真理先生にご講義頂きました
2014-02-13

 血液浄化センターにて、当院透析チーム医療の一員である管理栄養士の近藤真理先生に『透析患者の栄養管理』について講義をいただきました。入院患者様の低栄養状態を早期に評価することの重要性や、外来患者様への接し方の工夫などを、やわらかな雰囲気でお話していただき、大変勉強になりました。患者様に『制限などを指導する』のではなく『なにか代わりの案をご提供』できるよう、今後もチーム全体で関わっていきたいと思います。

 
岡山大学医学部講師の喜多村真治先生に腎性貧血管理についてご講義を頂きました
2014-01-11
 血液浄化センターにて、岡山大学医学部講師の喜多村真治先生に『腎性貧血管理について~ESA製剤の使い方~』についてご講義をいただきました。腎性貧血の発症機序とその対策、そして、腎性貧血治療に効果を発揮しているESA製剤開発について知識が深まりました。特に、腎性貧血の成因はさまざまであることから、チーム医療として取り組むことの大切さも教えていただき、当センターとしても積極的に取り組もうと企画を始めています。
 
第22回中国腎不全研究会 ポスター発表
2013-10-25
第22回中国腎不全研究会にて当院臨床工学技士の田野道興が演題発表を行いました。
演題「血液透析患者におけるレボカルニチン静脈投与の腎性貧血への有用性」
 
夜間透析が開始になりました
2013-09-18
夜間透析が開始になり、月・水・金は3クール体制でより多くの患者様にご利用いただけるようになりました。
 
第58回日本透析医学会 演題発表
2013-07-02
第58回日本透析医学会にて、当院臨床工学技士の恩田久美子が演題発表を行いました。
題名「透析液キンダリーAF4号の骨ミネラル代謝に与える効果の検討」
 
第95回岡山透析懇話会 演題発表
2013-06-26

第95回岡山透析懇話会にて、当院臨床工学技士の横山智久が演題発表を行いました。

 
第94回岡山透析懇話会 演題発表
2012-11-17
第94回透析懇話会にて、当院臨床工学技士の田野道興が演題発表を行いました。
 
小林直哉院長 岡山透析懇話会 幹事就任
2012-11-17
平成24年11月17日(土)
小林直哉院長が岡山透析懇話会の幹事に就任いたしました。
1
  岡山西大寺病院の歌
  「Chaser」
qrcode.png
http://www.saidaiji-hp.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
<<社会医療法人 盛全会 岡山西大寺病院>> 〒704-8194 岡山県岡山市東区金岡東町1丁目1-70 TEL:086-943-2211 FAX:086-943-2212