人工透析なら岡山市東区の岡山西大寺病院へ

 

内視鏡

 

診療内容(完全予約制)

診療内容(完全予約制)
 
 内視鏡では、上部消化管(食道、胃、十二指腸)、下部消化管(大腸)による診断と治療を、各専門分野の医師が行っています。内視鏡に対して、「痛い」「辛い」というイメージが強いかと思いますが、当院では安全で苦痛のない内視鏡検査を心がけており、高度な内視鏡機器を導入し、不安をできるだけ取り除くよう配慮しております。早期がんやポリープに対する治療として、EMR(内視鏡的粘膜切除術)を行っています。
 
 当院の内視鏡検査は、完全予約制で行っています。上部消化管、下部消化管ともに外来診察を行ってから、後日検査となります。ご不明な点がある場合は、担当者までご連絡ください。
 
検査に関するお問い合わせ : 086-238-7003(内視鏡担当)
 

診療時間

診療時間
 
受付時間
午前:8:30~11:30
 
診察時間
午前:9:00~12:00
 
 
胃カメラ・大腸カメラ
 

木曜日担当医 瀧上隆夫

木曜日担当医 瀧上隆夫
 
       瀧上隆夫 医師
木曜日(第1,3,5)内視鏡担当医の瀧上隆夫です。
 
お尻から血がでたら、年齢を問わず「恥ずかしい」「痛い」「すぐ切られる」と思い煩わず、気後れが手遅れを招かぬように、一度は大腸の内視鏡検査を受けることをおすすめします。その際は、岡山西大寺病院までご相談ください。
 

検査機器

検査機器
 
EVIS LUCERA ELITE(オリンパス)
 EVIS LUCERA ELITE(オリンパス)を導入しており、従来のハイビジョン画質を大幅に上回る高精細画像を実現するとともに、国内向け製品初となる2段階フォーカス切り替えの機能が搭載されています。がんなどの微細病変の早期発見に貢献する狭帯域光観察(NBI)も進化させ、観察性能が一段と向上しております。また屈曲した形状の大腸でスムーズな挿入を行えるよう、腸壁にスコープが当たると自然に曲がる「受動湾曲」機能や、大腸の形状や長さによって操作者の手元側の力をより効率的に先端に伝えるための「高伝達挿入部」を採用しています。これにより、検査効率の向上と患者様の苦痛の軽減を図ります。
  岡山西大寺病院の歌
  「Chaser」
qrcode.png
http://www.saidaiji-hp.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
<<社会医療法人 盛全会 岡山西大寺病院>> 〒704-8194 岡山県岡山市東区金岡東町1丁目1-70 TEL:086-943-2211 FAX:086-943-2212