人工透析なら岡山市東区の岡山西大寺病院へ

 

言語聴覚療法

 

特徴

特徴
 
 岡山西大寺病院では主に嚥下障害に対する介入が多いです。直接訓練が困難な人は口腔ケアやマッサージを行い食事経口摂取を図ります。そのため、食事介助も積極的に介入しています。外来対応も行っているため、自宅でのセルフエクササイズなども指導しています。
 歯科医や歯科衛生士と連携し、VF検査(嚥下造影検査)やNST(栄養サポートチーム)介入を行っています。口腔ケアについて相談・検討もしています。
 

言語訓練・摂食機能訓練

言語訓練・摂食機能訓練
 

【言語訓練】

失語症に対して・・・

聴理解訓練・呼称訓練・音読訓練・復唱訓練・フリートーク訓練等を実施します。
 
 
       嚥下造影検査:VF

【摂食嚥下障害】

間接的嚥下訓練(食べ物を使わない訓練)

肺炎予防のための口腔ケア、呼吸訓練、口腔機能訓練等を実施しています。

直接的嚥下訓練(食べ物を使った訓練)

VF検査等を実施し、直接食べ物を食べてもらう訓練を実施しています。
 

新人紹介

新人紹介
 
 
  平成30年入職 言語聴覚士 奥西千尋
 4月から入職して1年が経とうとしています。言語聴覚士は患者様の伝えきれない思いを受け止め親身に関わることができるとても魅力のある職種だと思います。患者さんと思いが伝わった時、「伝わった」と患者さんが笑顔になった時、言葉では表せない喜びを感じます。まだまだ未熟で不慣れなことも多いですが、笑顔でコミュニケーションのとれる言語聴覚士を目指して、充実した日々を過ごしています。
                     
 

採用情報

採用情報
 
岡山西大寺病院のリハビリテーション科の仕事に興味がある方のご応募をお待ちしております。
応募は下記リンク先の応募フォームよりお願いします。
 
  岡山西大寺病院の歌
  「Chaser」
qrcode.png
http://www.saidaiji-hp.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
<<社会医療法人 盛全会 岡山西大寺病院>> 〒704-8194 岡山県岡山市東区金岡東町1丁目1-70 TEL:086-943-2211 FAX:086-943-2212